.

うつ病とは、抑うつ気分や不安、食欲不振、不眠症などを特徴とする精神の疾患です。ひと昔前は、社会的な認知も低かったことから「怠け病」とも呼ばれていましたが、現在では、「心の風邪」とも呼ばれるほどに、とてもポピュラーな心の病として広く理解されるようになりました。多くの場合、精神的な症状とともに頭痛や胃炎などといった身体的な症状も前後して伴うことがあります。

精神科による診察、抗うつ薬などのお薬の投与を主体に、ゆっくりと時間をかけて治療をしていきます。憂鬱な状態で無理をするのではなく、周囲の理解を得ながら根気よく治療やカウンセリングを継続的に重ねていくことが理想的です。