.

社会不安障害について
こんな症状あったりしませんか?
社会不安障害の主な症状・発症の兆候
初対面の人とのコミュニケーションが苦手 人前でのスピーチや発言が怖い 人前に出ると震えたり、吐き気をもよおす 会社で電話をとりたくない
社会不安障害とは
この病気について
社会不安障害とは、対人関係において極度の不安を感じてしまう心の病です。また、このような対人への強い不安を回避するために、日常生活や仕事に支障をきたしてしまうなどもその大きな特徴です。社会不安障害は、Social Anxiety Disorderの頭文字をとってSADとも呼ばれ、20歳前後の若年層での発症率が高いことでも知られています。
診療・治療
カウンセリング・治療
薬物療法や、専門医のカウンセリング診察に人前に出た時に感じる恐怖や不安感を自分自身でコントロールできるようにする訓練や、不安感の原因になっていることが多い自分が他人に本当に不快な思いをさせているかを見つめ直すトレーニングなどを行います。

このページのコンテンツ

  • こんな症状あったりしませんか?
  • 社会不安障害とは
  • 診療・治療