2013/11/21... 活動日記!
歴史と民族の博物館

“歴史と民族の博物館”へ行ってきました!!
大宮公園から歩いて5分という便利な場所にある
県立の施設です。
 
弥生式住居、戦国時代の鎧、江戸時代の屏風絵
戦時中の不発弾、今や懐かしいダイヤル式の黒電話…などなど
古代から現代までの、それぞれの時代を象徴する展示品が
数々と並んでいました(・∀・)
 
参加者の感想です。
 「川越城の模型に感銘を受けた!!!」

 「私が一番気に入った作品は『月と松』という作品で
 明治28年、松本雅邦という人物が書いた水墨画です。
 太い松の木の後ろにひっそり佇む月が印象的で、
 月の光の書き方も繊細で“綺麗だな”と思いました!
 
 他の作品もよかったけど、私は水墨画が好きなので
 『月と松』を選びました。
 本当はもっと見ていたかったです(^ω^)」


日本史の授業を思い出したひと時でした!!